北陸おでかけパス当日受け取り可能?e5489で予約購入する

フリーきっぷのあれこれ

北陸おでかけパスがe5489対応になったことでネットで購入できるようになりました。

今までは利用日の3日前ま購入可能駅の窓口やみどりの券売機で購入する必要がありました。北陸おでかけパスを購入できる駅は限られているので、ネットで購入できることのによりエリア外からも利用しやすくなります。

ただ、北陸おでかけパスは利用日3日前まで購入する必要があるのと、利用エリアの駅でしか購入できない条件があります。

そのため、通常の切符をe5489で購入するのとは異なります。

なお、e5489で購入した通常の切符なら、当日受け取りが可能です。

【受取り期限】

有効開始日当日まで有効

※列車出発時刻後でも当日中であればきっぷの受け取りが可能です。
駅支払いの場合、期限までのお支払いと同時にお受け取りとなります。

e5489ご利用ガイド お受け取り方法

北陸おでかけパス購入期限が利用日の3日前までなので、予約購入した切符は当日受け取り可能かは分かりません。

もし、北陸おでかけパスの当日受け取りが可能なら、現地の駅で切符を受け取ることも可能になります。

なので、e5489で予約購入した北陸おでかけパスを当日受け取れるか検証します。

検証結果は、e5489からクレカで予約購入した切符は当日金沢駅で受け取ることが出来ました。

関連記事>北陸おでかけパスの詳細

北陸おでかけパス当日受け取りのe5489支払い方法に注意

e5489のネットで切符を購入(支払い)する方法は以下の3つがあります。

  • クレジットカードで支払い駅で切符を受け取る
  • コンビニで支払い駅で切符を受け取る
  • 駅で支払い切符を受け取る

駅支払いの場合は、北陸おでかけパス受け取り可能な駅のみとなるためエリア外からだと利用できません。

コンビニ払いとクレジットカード払いがありますが、今回は購入後のキャンセルが容易なクレジットカード(VISAデビット)を利用します。

なので、コンビニ払いで当日受け取り可能かは未検証。

事前にe5489で北陸おでかけパスを予約購入しました。。

北陸おでかけパスの利用日は土日祝日のみです。そのため、土曜日が利用日の場合は水曜日まで、日曜日が利用日の場合は木曜日まで購入する必要があります。

北陸おでかけパスを利用日当日に受け取る

事前に予約購入した北陸おでかけパスを当日に受け取る方法。

  • 利用日の3日前までにe5489でクレジットカード払いで予約購入
  • 北陸エリアの駅でe5489受け取り機で切符を受け取る
  • 支払った時に使用したクレジットカードが必要になる

この方法で予約購入した北陸おでかけパスを金沢駅で受け取りが出来ました。クレジットカード払いの場合、切符の受け取り時に支払いに使用したカードが必要です。

金沢駅で北陸おでかけパスを当日受け取りの様子

e5489受け取りの券売機で北陸おでかけパスを受け取る

券売機に支払いに使用したクレジットカードを入れます。すると購入した切符が表示されます。画面右下の日付が1月1日になっています。

北陸おでかけパスを発券中
北陸おでかけパスを発券中
当日発券した北陸おでかけパス
当日発券した北陸おでかけパス

利用日、発券日共に「1月1日」になっているので、北陸おでかけパスは当日受け取りが出来ました。

このように、事前にe5489でクレジットカード払いで北陸おでかけパスを予約購入しておくと、当日北陸エリアの駅で切符の受け取ることが可能です。

北陸おでかけパスを受け取れる駅

北陸おでかけパスは北陸エリアのJRの駅(e5489対応駅)で受け取ることが出来ますが、一部北陸以外の「米原~篠原、近江今津、安曇川、長浜、木ノ本」駅も「北陸おでかけパス」の購入やe5489での切符の受け取りが可能です。

JR西日本から行く場合

上記の琵琶湖線「篠原~米原」間の駅でも受け取りが出来ますが、列車の乗換駅で乗り換え時間が発生して購入しやすい駅は以下です。

  • 敦賀駅 (みどりの券売機あり)
  • 長浜駅 (みどりの券売機あり)
  • 米原駅 (みどりの券売機あり)
  • 近江今津(みどりの券売機は無いがみどりの窓口はあり)

この中で敦賀駅と米原駅は特に乗り換えが発生しやすく乗り換え時間もある駅です。米原駅はJR西日本の窓口(みどりの券売機)で購入できます。

米原駅~篠原駅や近江今津駅、安曇川駅は北陸おでかけパスのエリア外なので、切符を受け取ってもエリア内の駅までの運賃が必要です。また、敦賀駅で受け取るときも敦賀駅までの運賃が必要です。

JR東日本から行く場合

  • 糸魚川駅

新潟方面から北陸おでかけパスを利用す場合は「糸魚川駅」が最も近い駅です。

JR「大糸線」経由、直江津駅からトキ鉄「日本海ひすいライン」で向かう場合共に糸魚川駅までの運賃が必要になります。

青春18きっぷと北陸おでかけパス組み合わせでJR東日本エリアはやや不便

北陸おでかけパスは米原駅や敦賀駅などで受け取れるので、青春18きっぷと組み合わせでJR西日本エリアが利用しやすいです。

JR東日本エリアの北陸おでかけパス受け取り可能駅は「糸魚川駅」となり、在来線はJR大糸線を除くと第三セクターの「えちごトキめき鉄道」なので青春18きっぷは使えません。

えちごトキめきで、青春18きっぷ優遇のフリーきっぷの「トキ鉄18きっぷ」もありますが、「直江津-糸魚川」間だと運賃が微妙なところです。

そのため、JR東日本エリアから北陸おでかけパスを使う際は西日本エリアと比べてやや不便になります。

タイトルとURLをコピーしました