【関西出発】北陸乗り放題きっぷの利用エリアと料金【2名以上】

関西から北陸への往復切符です。北陸エリアは福井・金沢・富山の在来線及び北陸新幹線の自由席が3日間乗り放題となっています。

必ず2名以上で利用する必要があります。販売はe5489専用です。

切符は、それぞれ大阪市内、京都市内、神戸市内からの出発になります。

こちらは2019年10月1日発売からの、増税後の値段になります。10月利用分は9月30日までの切符を購入すると増税前の値段でお得です。

「北陸乗り放題きっぷ」9月30日発売までの増税前の情報はこちら

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

北陸乗り放題きっぷ

スポンサーリンク

北陸乗り放題きっぷの利用期間・料金

  • 発売期間:2019年10月1日 ~ 2020年3月30日 ※利用日の前日までに購入が必要
  • 利用期間:2019年10月2日~2020年4月2日
  • 利用日時:全日(全曜日)
  • 有効期限:連続する3日間

金額

特急普通車(指定席)

出発駅 大人料金 子供料金
神戸市内 16,950円 3,000円
大阪市内 15,850円 3,000円
京都市内 14,540円 3,000円

※1名料金です

特急グリーン車

出発駅 大人料金 子供料金
神戸市内 18,950円 5,000円
大阪市内 17,850円 5,000円
京都市内 16,540円 5,000円

※1名料金です。

発売駅

  • e5489専用

駅での発売はありません。

スポンサーリンク

北陸乗り放題きっぷで乗車可能な車両

新幹線

出発地域から

グランクラス グリーン車 指定席 自由席
× × × △※

※神戸出発の北陸乗り放題きっぷのみ「新神戸~新大阪」間有効

新幹線自由席乗車は別途、新幹線の特急券が必要です。

 

北陸フリーエリア内

グランクラス グリーン車 指定席 自由席
× × ×

北陸フリーエリア内は新幹線の特急券追加無しで乗車できます。指定席、グリーン車、グランクラスは乗車券しては使えません。

特急・急行列車

出発地域から

グリーン車 指定席 自由席

特急サンダーバードのみ乗車可能です。

グリーン車には、グリーン車専用きっぷはそのまま乗車できます。普通車用の切符はグリーン券を追加することで乗車できます。

 

北陸フリーエリア内

グリーン車 指定席 自由席

北陸フリーエリア内の特急列車自由席に乗車できます。グリーン車と指定席は、グリーン券と指定席券を追加することで乗車できます。

快速・普通列車

出発地域から

グリーン車 指定席 自由席
× ×

快速・普通列車の自由席は各駅電車などの「普通」の列車です。

乗車駅から「特急サンダーバード停車駅」および「新幹線停車駅」まで普通列車を利用できます。

 

北陸フリーエリア内

グリーン車 指定席 自由席

指定席は北陸フリーエリア内のあいの風ライナーなどのライナー券追加で乗車できます。

スポンサーリンク

北陸乗り放題きっぷのフリー区間

  • JR北陸本線:敦賀~金沢
  • JR小浜線:小浜~敦賀
  • JR九頭竜線:福井~九頭竜湖
  • JR七尾線:金沢~和倉温泉
  • JR氷見線:高岡~氷見
  • JR城端線:高岡~城端
  • IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道:金沢~越中宮崎
  • 北陸新幹線:金沢~黒部宇奈月温泉

このエリア以外に行くには別途運賃が必要です。

北陸乗り放題きっぷ利用上の注意

購入はe5489専用です。みどりの窓口で直接購入することは出来ません。

2名以上で同一駅出発の同一行動に限り購入可能です。子供のみの利用は出来ません。

大阪・京都・神戸市内はJRの特定都区市内から乗車です。

北陸乗り放題きっぷは通年利用できますが、利用開始日の前日までに購入してください。

北陸新幹線は北陸フリーエリア内のみ自由席乗車で乗り放題なので、全車指定席の「かがやき」には乗車できません。

北陸フリーエリア内以外の駅(関西など)で途中下車をすると切符は無効になります。

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

北陸乗り放題きっぷ