北陸トライアングルルートきっぷの発売期間と利用路線(2019年度10月から)【JR・IR・あいの風・のと鉄道】

  • 大人2850円
  • JR七尾線、JR氷見線、JR城端線とのと鉄道も利用可能
  • 加越能バス「わくライナー」も乗車可
  • 有効期限は2日間
  • IR・あいの風は「金沢-高岡」間まで

こちらは、2019年10月販売からの消費税増税後の情報です。10月利用する際は9月までに「北陸トライアングルルートきっぷ」を購入するほうがお得になります。

2018年度版はこちら

2019年度(増税前)はこちら

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

JR:北陸トライアングルルートきっぷ

スポンサーリンク

北陸トライアングルルートきっぷの利用期間・料金

  • 発売期間:2019年10月1日~2020年3月31日
  • 利用期間:2019年10月1日~2020年4月1日
  • 利用日時:全日(全曜日)
  • 有効期限:2日間
  • 金額:大人2,850円、子供1,430円

発売場所

  • 出発駅周辺のJR西日本のみどりの窓口
  • IRいしかわ鉄道(金沢駅除く)主な駅
  • あいの風とやま鉄道の主な駅
  • のと鉄道、穴水駅
  • JR西日本、e5489
  • JR西日本、電話予約
スポンサーリンク

北陸トライアングルルートきっぷで乗車可能な車両

記号の意味:〇乗車可、△運賃のみ有効、×利用不可

新幹線

グランクラスグリーン車指定席自由席
××××

特急・急行列車

グリーン車指定席自由席

快速・普通列車

グリーン車指定席自由席
×

快速・普通列車の自由席は各駅電車などの「普通」の列車です。

エリア内の特急列車に別途特急券を購入することで乗車できます。同様に、JR氷見線・城端線を走る観光列車(ベル・モンターニュ・エ・メール)、のと鉄道観光列車(のと里山里海号)にも指定券をプラスすることで乗車可能です。あいの風ライナーもライナー券を購入することで乗車可能。

スポンサーリンク

北陸トライアングルルートきっぷのフリー区間

北陸トライアングルルートきっぷの利用エリア
北陸トライアングルルートきっぷの利用エリア
  • JR七尾線:金沢~和倉温泉
  • のと鉄道:七尾~穴水
  • IR:金沢~倶利伽羅峠
  • あいの風:倶利伽羅峠~高岡
  • 加越能バス:わくライナー

このエリア以外に行くには別途運賃が必要です。

加越能バス、高岡行きは「和倉温泉~七尾駅」間の降車は不可、和倉温泉行は「七尾駅~和倉温泉」間の乗車は出来ません。また、和倉温泉のバス停は和倉温泉駅から2kmほど距離があります。

ひみ番屋街(道の駅 氷見)にも停車しますが、乗り換えとなるJR氷見駅までは2kmほど距離があります。

北陸トライアングルルートきっぷ利用上の注意

  • 特急乗車は特急券が必要

エリア内の特急列車に乗る際は、特急券が必要です。また、あいの風とやま鉄道の「あいの風ライナー」もライナー券が必要。

  • 北陸新幹線は利用不可

北陸新幹線は乗車できません。「乗車券+新幹線特急券」が必要。

  • わくライナーは乗降車の停留所に注意

高岡行で「和倉温泉~七尾駅」は乗車のみ。和倉温泉行きは「七尾駅~和倉温泉」は降車のみとなってます。

わくライナーの氷見停留所は道の駅「氷見」なので、JR氷見線「氷見駅」と2kmほど距離があります。

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

JR:北陸トライアングルルートきっぷ