青春18きっぷ。北陸地域の利用エリアと特例区間(2019年度)

  • 大人12050円
  • 全国のJR線で利用可
  • 期間中の5日間が普通列車乗り放題
  • 北陸エリアは特例区間あり

2019年12月発売分より消費税の増税により値上げされます。

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

JR西日本:青春18きっぷ

スポンサーリンク

青春18きっぷ(2019年度)利用期間・料金

  • 発売期間:
    • 2019年2月20日~2019年3月31日
    • 2019年7月1日~2019年8月31日
    • 2019年12月1日~2019年12月31日
  •  利用期間:
    • 2019年3月1日~2019年4月10日
    • 2019年7月20日~2019年9月10日
    • 2019年12月10日~2020年1月10日
  • 有効期限:5日間(5回分)
  • 利用日時:期間中の全日(全曜日)
  • 金額:11,850円
    ※2019年12月発売より 12,050円

金額に子供料金はありません。※
2019年10月からの消費税増税に伴い、2019年12月「冬」発売の青春18きっぷから値上げとなります。

有効期限は期間中に5日間(5回)利用可能です。日数が連続で無くても使えます、が余った切符は次の期間へ持ち越しは出来ません(春利用の余った18きっぷを夏に使うなどは不可)。

また、5日分(5回)を「人数」としての利用も可能です。2人で利用すると「2日間(4回)+余り1人(1回)」となります。

発売場所

  • 全国各地のJR有人駅(みどりの窓口)
  • のと鉄道 穴水駅でも購入可能です。
スポンサーリンク

青春18きっぷで乗車可能な車両

主に北陸エリアを中心とした利用可能な車両です。北海道新幹線は含まれません。

記号の意味:〇乗車可、△運賃のみ有効、×乗車不可

新幹線

グランクラスグリーン車指定席自由席
××××

18きっぷは乗車券としても利用不可です。乗車券と特急券(新幹線)が必要になります。

特急・急行列車

グリーン車指定席自由席
×××

18きっぷは乗車券としても利用不可です。乗車券と特急券が必要になります。

快速・普通列車

グリーン車指定席自由席

グリーン車は自由席のみ利用可能です(別途グリーン券が必要)、指定席も指定券が必要です(ホームライナーやムーンライトながら等)。

普通列車のグリーン車指定席の場合、18きっぷは乗車券として有効ではないので乗車券も必要です。

スポンサーリンク

青春18きっぷのフリー区間(北陸エリア)

青春18きっぷ北陸エリアの特例区間
青春18きっぷ北陸エリアの特例区間
  • JR:全国

全国のJR線について利用可能です。また、首都圏に多いJRから地下鉄に乗り入れする区間では「地下鉄区間」は青春18きっぷで乗車できません。

JRと東京メトロで同じ改札を使用する駅もあり北千住駅から常磐線(各駅)に乗車可能ですが、上り方面は地下鉄千代田線を経由して小田急の代々木上原駅まで乗り入れているので北千住から東京メトロ地下鉄区間は18きっぷで乗ることが出来ません。同様の路線に「埼京線→りんかい線」等もあり18きっぷ利用の際は注意してください。

なお、七尾駅~和倉温泉駅は「JR七尾線」でもあるため、のと鉄道の車両ですが18きっぷで利用可能です。和倉温泉~穴水はのと鉄道の運賃が必要です。

北陸エリアの特例区間(第三セクター利用)

北陸エリアで青春18きっぷを利用する際は石川県と富山県で、それぞれ通過のみ利用可能な特例区間があります。

石川エリア(IRいしかわ鉄道)

青春18きっぷ石川県での特例区間
青春18きっぷ石川県での特例区間

IRいしかわ鉄道線の「金沢~津幡」間については、西金沢以遠(野々市方面)と七尾線の駅(津幡駅除く)とを移動する際に普通列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り、利用できます。(金沢駅、津幡駅で途中下車することができますが、その他のIRいしかわ鉄道線の駅では下車できません。)「金沢~津幡」以外の区間を乗車した場合(当該区間内の両端の2駅を除く駅で下車した場合、当該区間を越えてIRいしかわ鉄道線に乗車した場合など)は、別に全乗車区間に対する運賃等が必要です。

JR西日本おでかけネット:青春18きっぷ

金沢駅~JR七尾線に移動する場合のみ18きっぷで「金沢~津幡間」を通過できます。18きっぷで東金沢駅、森本駅を途中下車することはできません。

津幡駅は金沢から七尾線に向かう(逆方向も)場合のみ途中下車できます。

また、金沢駅から富山方面に向かう時は「金沢-富山]など金沢駅からの目的の駅までの運賃が必要です。「津端-富山」までの切符を用意して金沢駅から乗車することもできません。

「金沢-富山」間の移動は、金沢駅から富山駅までの運賃が必要。

金沢駅から津幡駅を越えて富山方面に移動の際は金沢駅からの運賃が必要になります。金沢駅や津幡駅からの乗車で「高岡-富山」間も運賃が免除されないので注意しましょう。

富山エリア(あいの風とやま鉄道)

青春18きっぷ富山県での特例区間
青春18きっぷ富山県での特例区間

あいの風とやま鉄道線の「高岡~富山」間については、西富山以遠(婦中鵜坂方面)と氷見線・城端線の駅(高岡駅除く)とを移動する際に普通列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り、利用できます。(高岡駅、富山駅に限り途中下車できますが、その他のあいの風とやま鉄道線の駅では下車できません。)「高岡~富山」以外の区間を乗車した場合(当該区間内の両端の2駅を除く駅で下車した場合、当該区間を越えてあいの風とやま鉄道線を乗車した場合など)は、別に全乗車区間に対する運賃等が必要です。また、〔あいの風ライナー〕をご利用になる場合は、別にライナー券が必要です

JR西日本おでかけネット:青春18きっぷ

18きっぷの「富山~高岡」間は「氷見線」や「城端線」へ向かう場合のみ利用可能です。呉羽駅・小杉駅・越中大門駅で降りることはできません。

高岡駅は氷見線や城端線へ向かう場合のみ下車可能です。同様に富山駅も城端線や氷見線から高山本線に向かう場合のみ途中下車可能です。

また、富山から金沢に向かう際に富山駅で「高岡~津幡」の乗車券を購入して18きっぷで富山駅から金沢行きの電車に乗ることも出来ません。その場合、富山駅からの乗車券が必要です。

富山駅から東(新潟方面)も18きっぷの利用は出来ません。

「富山-金沢」間の移動は、富山駅から金沢駅までの運賃が必要。

富山駅から高岡駅を越えて金沢方面に移動の際は富山駅からの運賃が必要になります。 富山駅や高岡駅からの乗車で「津幡-金沢」間も運賃が免除されないので注意しましょう。

同様に、高岡駅から乗車で糸魚川(新潟方面)へ移動の際も高岡駅からの運賃が必要です。

【週末限定】ややこしいルールに縛られずにフリーきっぷでやり過ごす

土日祝日の移動限定になりますが特例区間に左右されない乗り方として、JR・三セクで発売されているフリーきっぷを利用するのが便利です。

青春18きっぷ利用で注意すること

  • 北陸の特例区間は通過のみ利用可

IRいしかわ鉄道「金沢-津幡」間やあいの風とやま鉄道「富山-高岡」間は、JR線を利用する目的での乗車は可能ですが、三セクエリアは通過のみで途中下車は出来ません。

  • 期間をまたいでの利用は出来ない

利用回数が余っても次のシーズンに持ち越しての利用は出来ません。

  • 特急や新幹線は乗車券として利用できない

特急や新幹線は乗車券として利用不可なので、別途「乗車券+特急券」が必要です。

  • 普通列車グリーン車は「自由席」利用可

上野東京ラインや湘南新宿ラインなどのグリーン車「自由席」はグリーン券を追加するだけで乗車できますが、グリーン車指定席は利用不可です。別途、乗車券やグリーン券など必要です。

▼ 切符の詳細情報(公式) ▼

JR西日本:青春18きっぷ