北陸おでかけパスを当日に受け取る方法。e5489で予約購入する

旧北陸本線を含む北陸エリアの移動の際は「北陸おでかけパス」が便利なのですが、購入が利用日の3日前までなど条件があり、北陸以外の地域に住んでいると使いにくい切符です。

でも、e5489で事前にクレジットカード(VISAデビット可)で購入しておくと、利用日当日に現地の駅にて受け取ることができます。

北陸おでかけパスはJR北陸エリア(旧北陸本線含む)で土日祝日の1日間利用できる切符です。

スポンサーリンク

北陸おでかけパスを利用日当日に受け取る方法

  • 利用日の3日前までにe5489でクレジットカード払いで予約購入しておく
  • 北陸エリアのe5489受け取り可能な駅まで移動
  • e5489受け取り可能な券売機にクレジットカード挿入

利用日の3日前までにe5489で(利用日を指定して)北陸おでかけパスを「クレジットカード」で購入します。駅の券売機で支払って切符を受け取る方法もありますが、それだと当日に切符の受け取りが出来ません。

金沢駅で北陸おでかけパスを当日受け取り

実際にe5489受け取りの券売機で北陸おでかけパスを受け取った時の様子です。

e5489受け取りの券売機で北陸おでかけパスを受け取る

券売機に支払いに使用したクレジットカードを入れます。すると購入した切符が表示されます。画面右下の日付が1月1日になっているのを覚えておいてください。

北陸おでかけパスを発券中
北陸おでかけパスを発券中
当日発券した北陸おでかけパス
当日発券した北陸おでかけパス

利用日、発券日共に「1月1日」になっていて当日に受け取ったことが分かる。

このように、事前にe5489でクレジットカード払いで北陸おでかけパスを予約購入しておくと、当日北陸エリアの駅で切符の受け取りができます。

スポンサーリンク

北陸おでかけパスを受け取れる駅

北陸エリア外から北陸おでかけパス受け取りし易い駅を紹介します。

e5489で予約購入した切符はJR西日本・JR四国・JR九州・JR東海とJR東日本の一部駅で受け取ることが可能ですが、「一部トクトクきっぷ」で特定エリアのみしか受け取れない切符があるようで、北陸おでかけパスを特定エリアに入るかはこちらでは未確認です。

もし受け取りが不可能な場合でも、クレカで予約購入した場合は当日現地の駅で受け取ることができるので参考にしてください。

JR西日本 e5489ご利用ガイド、切符の受け取り方法

JR西日本から行く場合

列車の終着駅、始発駅で乗り換え時間発生する駅です。

  • 敦賀駅 (みどりの券売機あり)
  • 長浜駅 (みどりの券売機あり)
  • 米原駅 (みどりの券売機あり)
  • 近江今津(みどりの券売機は無いが窓口はあり)

関西方面・北陸方面の普通列車の終着駅・始発駅となる敦賀駅での受け取りが無難です。

米原駅と近江今津駅で切符を受け取る際は、それぞれ長浜駅までと近江塩津駅までの乗車券が必要です。また、近江今津駅には「みどりの券売機」が設置されていないのでe5489で予約購入した切符の受け取りはみどりの窓口での対応になると思います。

JR東日本から行く場合

  • 糸魚川駅

新潟方面から北陸おでかけパスを利用す場合は「糸魚川駅」が最も近い駅となります。

JR「大糸線」経由、直江津駅からトキ鉄「日本海ひすいライン」で向かう場合共に糸魚川駅までの運賃が必要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーきっぷのあれこれ
ほくきっぷ